公立高校入試の朝に雪が

窓を開けると雪が。
3月に入って道路からすっかり雪が消えていたのに。

しかも今日は公立高校の入試。
よりによって我が家の次女の受験の日なのだ。

おおあわてで、連れ合いを起こす。

雪かきしなきゃダメかな。

ダウンを着て、雪かきに出て行った連れ合いがすぐ家に入ってくる。

「雪かきするほどじゃない。」

春の雪なのでべちゃべちゃで、すぐにも溶けて消えそうだとのこと。
次女も起きてきて
「雪だ。

」と騒いでいる。

受験会場まで自転車で行くことにしていたが、急きょ連れ合いが送ることに。

こちらは弁当作りに専念。

昨夜、「受験に勝つだからお弁当はやっぱり、とんかつね。」と言ったら
「そんな胃にもたれるものは嫌だ。

」と拒否られ、
結果、唐揚げ弁当に。

しかも鶏肉の買い置きはなかったので、冷凍食品の唐揚げでお弁当作り。

受験の日に手抜き弁当?

「まあ、いつものことじゃん。」と次女。

いいのか悪いのか緊張感ゼロ。

母としてはお弁当で応援の気持ちを表したかったのだが・・・
本人は気にもしていない。

そして夕方。

無事、次女帰宅。

やるだけやったとのこと。
それより、雪がちらつく中、30分以上歩いて帰ってきたので
「寒い寒い。

ココアであったまりながら、
こたつでまったり。